社会福祉法人常盤会|みずほ園|ときわぎ国領|ときわぎ国領保育園|高齢者在宅サービスセンターみずほ|特別養護老人ホーム|介護|保育園|西多摩郡瑞穂町|調布市

 

みずほ園【採用情報】

 
   
是非一度見学に来てください!!
 

みずほ園 現在募集中の求人情報

みずほ園 現在募集中の求人情報
 
 
   
《その他の求人情報》
   
 みずほ園では職位別研修を毎月実施し、職員のレベルアップと仕事上の知識の向上に取組んでいます。また、施設内研修も毎月実施し、階層を超えた研修を通じて介護技術の向上に努めています。その他に、東京都などが主催する外部研修の受講についても積極的に参加しています。さまざまな研修を通じて、サービス及び社会人としての知識、礼儀、言葉使い等の質の向上を目指して行っています。特に、施設内での人材育成を積極的に進めています。
 経験の浅い方でも、施設内外での研修を通じて自らの技術の向上を図ることができます。介護で困っている方々を支援し、安心して暮らせる社会づくりに貢献できる仕事です。みずほ園では、あなたの意欲を期待しています。 
 

みずほ園ってどんなところ?

みずほ園ってどんなところ?
フォーム
 
はじめまして みずほ園です
2018-10-01
 皆様はじめまして。本日よりみずほ園の職場や雰囲気を少しでもお伝えしたいと思い、「みずほ園ってどんなところ?」というブログをスタートすることになりました。どうぞよろしくお願いします。
 それでは、早速最もポピュラーな「みずほ園」の施設のご紹介から始めたいと思います。
 ここ「みずほ園」は、東京都西多摩郡に位置する特別養護老人ホームです。老人ホームの中では比較的大きな部類に入り、ご利用者の定員は180人となっています。また、デイサービスセンターや地域包括支援センターなども運営しており大所帯と言えるでしょう。
 「みずほ園」はとても歴史のある施設で創設よりなんと37年が経っています。お店に例えると「老舗」といっていいのでは。ですので、施設の見た目は、…レトロという言葉が当てはまるかもしれません。でも、見た目だけで判断しては大事なものを見失います。大切なのは、「ハード」(施設や整備)に加え、「ソフト」(中身、サービスや雰囲気)だと言います。
 それでは実際に「みずほ園」を見ていきましょう。
 レトロな雰囲気の「ハード」ですが、「みずほ園」は、本館、東館、南館で構成されています。それぞれ3階建てとなっており、ご利用者の皆様の居住するところは、本館2階に「本町2丁目東」「本町2丁目西」、本館3階に「本町3丁目東」「本町3丁目西」、東館2階に「東町2丁目」、東館3階に「東町3丁目」、南館1階に「南町1丁目」、南館2階に「南町2丁目」、というように小さな町をイメージしたネーミングがついています。さらにご利用者の居室に番地をつけて暮らしていただいています。ご利用者に合わせた生活スペースで、ゆったりと家庭的で、個人の希望や可能性を実現できるような個別サービスを進めています。ここ以外は、本館の1階が受付や事務室、医務室、厨房などになっています。東館の1階は、リハビリ室やデイサービスセンター、そして南館の3階には、「瑞穂の湯」と呼ばれる屋上庭園を眺めながらお湯につかれる大入浴室を構えています。
 次に「ソフト」面を見ていきましょう。みずほ園の全体理念は、「ゆとりと安心のその人らしい生活支援」を基本に、職員はご利用者と関わっています。特別養護老人ホームと聞くと、何だか大変そう、仕事がきつくて辛そう、と思うことありますよね。間違いではありません。確かに業務は決して簡単なものではありません。しかし、私たち職員は皆、輝く汗をかきながらさわやかにご利用者とご挨拶をし、コミュニケーションをとっています。日常の些細なコミュニケーションからでもお互いの信頼関係は築いていけるものです。そして「ゆとりと安心のその人らしい生活支援」に繋がっていきます。
 文章だけでは伝わらないことがたくさんあると思います。是非、実際に見ていただきたい。先程37年の老舗と言いました。建物はレトロかもしれませんが、建物の中は毎日掃除をし、ピカピカのフロアーです。是非一度見学に来てください!
〒190-1221
東京都西多摩郡瑞穂町
箱根ケ崎922-1
TEL 042-557-8886
FAX 042-557-8605
〒190-1221
東京都西多摩郡瑞穂町
箱根ケ崎922-1
TEL 042-556-1411
FAX 042-556-3059
 
〒182-0022
東京都調布市国領町8-2-65
TEL 03-5438-1011
FAX 03-5438-1051
<<社会福祉法人常盤会>> 〒190-1221 東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎922-1 TEL:042-557-8886